メールアドレスの入力、いちいち手入力していませんか?

この記事は、何かの申し込み時にメールアドレスを手入力している人向けに書いています。

オンライン秘書として、セミナーの受付事務対応、お問い合わせ対応をさせていただいておりますが、メールアドレスの入力ミスによりご案内がお届けできない・・・ということがわりとよくあります。

そして申し込みアドレスの間違いの原因の多くは、入力ミスです。

gmailがgmllになっていたり、yahooがyohooになっていたり、色々ありますが、今日はメールアドレスの入力ミスも防げて、何かを申し込むたびいちいち手入力しなくても済む方法をお伝えしたいと思います。

目次

よく使うものはユーザー辞書を活用しよう!

パソコンやスマホの機能としてある「ユーザー辞書」活用していますか?

私は、
・よく使うメールアドレス
・名前(変換で出てこない漢字の方のお名前)
・よく使うソースコード
など、ユーザー辞書に登録しています。

登録してあることにより、
メールアドレスの入力が必要な場面において、辞書に登録した よみ を入力するだけでメールアドレスを入力することができるので、時短になるだけでなくメールアドレスの入力ミスをすることもなくなります。

ユーザー辞書登録は簡単!

この記事では、iPhoneの場合の方法を記載していきます。

①設定の中の一般をタップ

②キーボード をタップ

③ユーザー辞書 をタップ

④右上の「+」をタップして辞書に登録したい内容を入力

メールアドレスの登録をしたい場合は、
単語欄にメールアドレスを貼り付け
よみ欄に、辞書を呼び出したいよみを入力

私の場合は、文字入力欄で「あど」って入力すると、単語(メールアドレス)の候補が出るように設定しています。

「めーる」にしちゃうと メール って打ちたい時に
候補にメールアドレスがいっぱい出てくるから使いにくいし、私は「あど」にしてます。

「めあど」とか自分が使いやすい読みで登録するのがおすすめ。


④使い方

テキスト入力画面で、よみ に設定したワードを入力すると、変換候補として表示されるので、使いたいものを選択したらOKです。

※私は「あど」だけで5パターン以上登録してるので選択肢がいくつか表示されますが、1つしか登録してなかったらパッと使いたいアドレスが表示されます。

iPhoneでのユーザー辞書登録方法は以上です。
(Androidスマホや、パソコンでも辞書機能はあります。)

メルマガ登録やお申し込みなど
せっかくお申し込みしてくださったのに、
メールがエラーで戻ってきてしまってご案内をお送りすることができない残念なことがよくあります。

以外と使ってない人が多いユーザー辞書。
便利なのでぜひ活用してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

OfficeSAKI株式会社 代表取締役

「一人一人が自分の才能や能力を生かし、描いたビジョンが当たり前に実現する世界へ」

年商1000万〜規模の各業界の一線で活躍する経営者、個人事業者の在宅秘書。

個人・法人問わず、ご自身で事業をされている経営者の方で自分にしかできない仕事に集中したい方と、事務が得意で、自分を売り込むことよりも誰かのサポートが得意な方が協力しあい、より豊かな循環を生み出す活動をしている。

社長の“面倒くさい”を一手に引き受け、本業に専念できるよう裏方でサポートする。
「苦手な事務作業のストレスから解放されて売上が倍増した」「請求忘れや経費の無駄がなくなった」「痒いところに手が届く気配りが本当に助かる」と、1年間の継続率94%と満足度の高さは群を抜いている。

1984年生まれ。
20代は、栄養士として病院や特別養護老人ホームに約5年間勤務。
2人目の子どもの出産を機に起業し
2015年8月より個人事業主・経営者の方の事務サポート業務開始。

プライベートでは、8歳・6歳・2歳の3人の子の母。

目次
閉じる